今日から始める血栓症予防
今日から始める血栓症予防
血行不良を解消してイキイキ生活を

肺塞栓

肺の血管に血の塊が詰まる病気

肺塞栓とは、体内にできた血栓が静脈の流れに乗って心臓から肺の動脈に流れ込み、肺の血管を詰まらせる病気です。日本人には少なかったのですが、近年は右肩上がりで増えているそうです。

●症状
血栓による閉塞が肺の血管で起きると、塞がれた部分から先へは血液が行き渡らなくなるので壊死が起こります。太い血管が詰まれば、肺の広範囲が影響を受けるため、生命にかかわる危険性もあります。肺塞栓の死亡率は30%で、突然死につながる大きな要因です。

そんな最悪の事態を避けることができても、激しい胸の痛み、呼吸困難、冷や汗などのショック症状が起こります。細い血管が詰まった時でも、似たような症状や疲労感、血痰、むくみなどの症状が出ます。

原因
肺塞栓の発症は、約40%が手術後に起きているというデータがあります。手術で傷口に止血作用が働いて血栓ができますが、やがてその塊がはがれて肺に運ばれ、血管を詰まらせてしまうことが多いからです。

横になったままの体勢で長時間いると血流が悪くなって固まりやすくなるので、予防のために血液を固まりにくくする薬が投与されたりします。静脈瘤や静脈血栓が原因で肺塞栓につながるケースも少なくありません。

●予防法
高血圧を予防し、動脈硬化を促進しない食事や生活習慣を心がけることが重要なポイントになります。LR末やナットウキナーゼなど、血栓症予防に効果的な成分を積極的に摂取するようにしましょう。また、毎日水分を1.5ℓ〜2ℓ摂って、血液ドロドロを防ぐのも大事なことです。

 
 
ナチュラルスーパーキナーゼⅡ
ナチュラルスーパーキナーゼⅡ
6,480円/90粒
きなり
きなり
1,980円(初回)/120粒
もっと詳しく知る
ナットウキナーゼエクセル
ナットウキナーゼエクセル
9,504円/90粒
もっと詳しく知る
▲ページトップへ
 
今日から始める血栓症予防