今日から始める血栓症予防
今日から始める血栓症予防
血行不良を解消してイキイキ生活を

DHA&EPA

DHA・EPAは、オメガ3不飽和脂肪酸です。オメガ3は、脂質を構成する成分のひとつで、必須脂肪酸とも呼ばれます。主に魚などに多く含まれる成分ですが、現代の食生活ではオメガ3を十分に摂取することができていません。さらにこれらは体内で生成することができない成分であるため、食事などから摂取しなければならないのです。

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸とは

◆飽和脂肪酸
脂肪というとほとんどの方がイメージしているのが、この飽和脂肪酸のこと。常温で固まってしまう性質を持っているので、これが増えると、いわゆる「血液ドロドロ」状態になってしまいます。中性脂肪、コレステロール値が上昇し血栓ができたり、動脈硬化や脳卒中などの原因となることもあります。

◆不飽和脂肪酸
魚の脂に多く含まれる脂肪酸で、DHAやEPAも不飽和脂肪酸の一種です。飽和脂肪酸とは異なり、常温では固まりにくい性質を持っているので、血液をサラサラにし、中性脂肪を減らすはたらきがあり、血栓予防に役立ちます。

次に、DHA・EPAの効果について紹介します。

DHA・EPAの血栓予防などの効果

先に述べたとおり、DHAは凝固しにくい性質を持っている不飽和脂肪酸のひとつです。体内で細胞に取り込まれても固まらず、その細胞膜の流動性を高め、活性化する働きがあります。活性化された細胞は様々な酵素を産出し、多様な健康効果をもたらします。

DHA・EPAの主な効果は以下の通りです。

血栓の抑制、学習能力、記憶力の向上、視力低下の抑制、高脂血症改善、動脈硬化予防、高血圧の抑制、運動能力向上、抗炎症作用、免疫力改善など

DHAは、脳関門を通り抜けることができる唯一の成分です。脳細胞まで到達して細胞を活性化するので、情報伝達がスムーズになります。DHAが頭に良いといわれているのは、これが理由です。

また、肝臓ではコレステロールの取り込みが活発になり、中性脂肪の減少に効果があり、血液をサラサラにし、血栓を予防してくれるのです。

どんな栄養素も摂りすぎは良くないですが、DHAは大きな副作用もなく、比較的安全性も高い成分。安心して服用できそうです。

効果的な摂り方

DHA・EPAは青魚に豊富に含まれています。中でも特に多いのが、脂の乗った旬の魚です。DHAの摂取量目安は1日1~2g。食生活が変わってしまった現代では、平均400mg程度しか摂れていないといわれています。生活習慣病の流行は、現代人のDHA不足が原因だと考える方も多いようです。

DHA1gというのは、アジの開き1匹分、マグロの赤身なら9人前にも相当します。ただし、調理課程で栄養素が失われてしまうので、できれば刺身で食べたほうがより効率的に摂取できるでしょう。毎日魚を摂ることは大変な場合は、サプリメントなどで補うのが有効です。

DHA&EPAを含むオススメのサプリメントはこちら

 
 
ナチュラルスーパーキナーゼⅡ
ナチュラルスーパーキナーゼⅡ
6,480円/90粒
きなり
きなり
1,980円(初回)/120粒
もっと詳しく知る
ナットウキナーゼエクセル
ナットウキナーゼエクセル
9,504円/90粒
もっと詳しく知る
▲ページトップへ
 
今日から始める血栓症予防