今日から始める血栓症予防
今日から始める血栓症予防
血行不良を解消してイキイキ生活を

有効な成分を把握する

病院での血栓症治療には、どんな薬が使われているのでしょう。ここではワーファリン、パナルジン、ウロキナーゼなど、代表的なものについて紹介したいと思います。

病院で使用される血栓症治療薬の効果と注意点

●抗血小板薬パナルジン(塩酸チクロピジン)
血小板が凝集するのを押さえる働きがあるので、血の塊ができるのを予防したり、血小板の粘着力を弱める作用があります。血管手術や血液対外循環にともなう血栓予防、血流改善、慢性動脈閉塞症、虚血性脳血管障害、クモ膜下出血の術後にも使用されます。

使用上の注意としては、生理中の方は医師に相談して使う必要があります。また、副作用として発疹、血液障害、吐き気,食欲不振、下痢などの症状が起こることがあります。

●抗凝固薬ワーファリン(ワルファリン)
心筋梗塞や脳梗塞患者に投与されることが多い治療薬です。血を固まりにくくし、血栓ができるのを予防します。できてしまった塊を溶かす作用はありません。予防や進行を遅らせる用途にのみ活用できます。また、この薬を服用中はビタミンKを多く含む食品(納豆やクロレラ、青汁など)の摂取を控える必要があります。これらの食品は、薬の効力をなくしてしまうからです。健康であれば体によい緑黄色野菜も、この薬を服用中は大量摂取を控えなければいけません。

使用上の注意としては、血が止まりにくくなるので、血友病、胃潰瘍、大腸炎、重症の肝臓病、腎臓病、重い高血圧、糖尿病、尿路結石、外傷がある、人集中などの方は注意が必要です。その他の副作用として、まれに発疹、じんましん、食欲不審、吐き気、脱毛が起こるケースがあります。

●血栓溶解薬ウロキナーゼ
血栓を溶かす働きを持つ治療薬。急性心筋梗塞、肺塞栓症患者などに投与され、治療が早ければ早いほど良い結果に結びつきますが、とても高価です。ウロキナーゼと同様の効果があるのは、納豆に含まれる酵素ナットウキナーゼであることがわかっています。

使用上の注意としては、出血やその可能性のある人、他の血栓溶解薬を使っている人、重い肝障害・腎障害がある人、高齢者の方などは、医師に相談して使う必要があります。また、寒気、嘔吐、血尿、倦怠感、頭痛、発熱といった副作用が起こる可能性があります。

毎日の生活に取り入れたい血栓症予防にオススメのサプリとは

治療薬に頼って完全に治ればそれで良いですが、強い薬にはどうしても副作用への心配がついてきます。また、診察を含めた費用もばかにならないでしょう。 やはり、医薬品で病気を治すよりも、まずは病気にならない努力が大事なのではないでしょうか。そう、まさに「予防は治療に勝る」だと思います。

予防には、血液の健康を守る食材を積極的に摂る方法がもちろんベストです。ただ、食事だけだと地道な努力と忍耐が必要だし、本当に必要量がきちんと撮れているかどうかも疑問が残るもの。そこで重宝するのがサプリメントです。

なんといっても副作用の心配がなく、いつでもどこでも手軽に摂取できるのは大きなメリット。特にナットウキナーゼのような、優れた効果が期待できる成分は、利用しない手はありません。

血栓症に有効といわれる成分を含むサプリBEST5

 
 
ナチュラルスーパーキナーゼⅡ
ナチュラルスーパーキナーゼⅡ
6,480円/90粒
きなり
きなり
1,980円(初回)/120粒
もっと詳しく知る
ナットウキナーゼエクセル
ナットウキナーゼエクセル
9,504円/90粒
もっと詳しく知る
▲ページトップへ
 
今日から始める血栓症予防