今日から始める血栓症予防
今日から始める血栓症予防
血行不良を解消してイキイキ生活を

お酒好きは血栓症になりにくい?

特に効果が期待できるのは赤ワインと焼酎

赤ワインに血栓予防パワーがあるのをご存知ですか? 今やよく知られていることですが、赤ワインはポリフェノールの宝庫です。原料であるブドウの種子にタンニンやカテキン、皮にリスベラロールやアントシアニンなど、たくさんの種類が含まれています。

それらが、さまざまな病気の元凶である活性酸素の生成を抑えたり、血小板の凝集を防いで血栓症を予防するという、ありがたい働きをしてくれるんですね。

で、一口に赤ワインといってもいろいろありますが、ぶどうの品種で選ぶなら『カベルネ・ソーヴィ二ヨン』、味で選ぶなら渋みのあるしっかりとした『フルボディー』、そして古いものが断然おすすめです。

また、ワインよりも日本酒が好きという方には焼酎がおすすめです。焼酎には、血液の中にある線溶酵素を増加させる働きを持つ成分が含まれています。それによって、高い血流改善効果が期待できるのです。その効果は、血栓症研究の第一人者である倉敷芸術科学大学教授・須見洋行教授の実験でも実証済みです。特に芋焼酎や麦焼酎の効果が高いそうですよ。

「ほろ酔いで楽しく」がポイント

そもそもアルコールは、血液や血管の健康に悪いものではありません。血管を広げて血行を促進し、HDLコレステロールを増やして動脈硬化を予防してくれるのですから、むしろ良いと言った方がいいかもしれません。また、お酒を飲むことでストレス発散にもなりますしね。

ただし、それも適量の場合。飲み過ぎるとせっかくの効果も台無しになります。ビールなら1日せいぜい大瓶1本、ワインはグラス2杯、焼酎は30㎖程度、15度のお湯割りなら1合から2合、ウィスキーはダブルで1杯くらいが適量です。

ほろ酔い程度に楽しく飲むことは血液の健康を後押ししますので、加減しながら体のためになるような飲み方をしましょう。

 
 
ナチュラルスーパーキナーゼⅡ
ナチュラルスーパーキナーゼⅡ
6,480円/90粒
きなり
きなり
1,980円(初回)/120粒
もっと詳しく知る
ナットウキナーゼエクセル
ナットウキナーゼエクセル
9,504円/90粒
もっと詳しく知る
▲ページトップへ
 
今日から始める血栓症予防